kazuの毎日ブログ頑張ろう|ネットビジネスや不動産の事

なるべく毎日更新頑張って行こうという意気込みです。コメント頂ければ幸いです。

不動産屋の営業マンの引越し

先日、引越しの話をしましたが、営業マンはどうやって自分の住む部屋を探すのかをお伝えします。

kazublogger.hatenablog.com

 不動産業者にしか見れない「レインズ」と言う物件検索サイトがあり、自分の住みたいエリアの最新のお部屋の募集状況をいつでも見る事ができます。

 

レインズは一般の人は見る事は出来ません。

レインズを一般の人が見れたらス○モやホ○ムズ等のポータルサイトを見なくてもいいようになりますね。

 

話はそれましたが、その検索サイトを見て新築情報や気になる物件があればお部屋を自分で見に行って良ければ申し込みでダメだったら住まないだけです。

 

普段の仕事でもお部屋の写真を撮りに行く時や物件の確認をする時もお部屋の中を見れますのでそれで判断するのもアリですね。

 

不動産の営業マンは賃貸のお店に行かなくてもお部屋探しは出来るのはメリットですね。

 

一般のお客様のお部屋探しだと見れる物件は3~5件くらいですし、営業マンによっては紹介してくれない物件があるので決断するのは大変だと思います。

何回か引っ越してる内に良い営業マンに出会えると思いますのでその営業マンのリピーターになるのもアリだと思います。

 

もう一つのメリットは初期費用が安くお部屋を借りれる事です。

主に仲介手数料が要らない事や物件の管理会社の担当と直接話が出来るので家賃等を値切れたり出来ます。

ただ、値切り過ぎても担当から嫌がられたりもしますので本気で住みたいのならある程度の落とし所で納得しないといけないです。

 

因みに僕の今度の引越しは初期費用が新築で60,000円ちょっとで引越しが出来ます。

一般の方の場合は300,000円ぐらい掛かりますのでかなり差があります。

一回賃貸の不動産屋で働いたら嫌な所も分かりますので自分で不動産屋に行ってお部屋探しなんて出来ないですね。