kazuの毎日ブログ頑張ろう|ネットビジネスや不動産の事

なるべく毎日更新頑張って行こうという意気込みです。コメント頂ければ幸いです。

賃貸の解約の基本

現在賃貸でお部屋を借りてる人は多いと思いますが、賃貸の契約の際に重要事項説明書を読んでいるときによく質問されるのが解約通知の1ヶ月前予告です。

 

お部屋の解約をしたい場合は退去する日の1ヶ月前には家主もしくは管理会社に書面で通知しましょう。(2ヶ月前予告の物件もあるので契約書等確認しましょう)

 

書面じゃなく電話じゃダメなの?とよく質問されますが、口頭の解約通知になりますと言ったの聞いてないのの水掛け論になりトラブルの元ですので書面で通知となっております。(地域による)

 

注意が必要なのが、お部屋を借りて入居するときは契約開始日から家賃が日割り発生になりますが、退去の際は退去する月の家賃一ヶ月分まるまる掛かってきます。

 

例えば退去日を月初の5日にしたとしましょう。5日に退去したとしてもその月の家賃は掛かってきます。

最悪の場合、月内に退去が急に決まった場合は翌月は住まないのに翌月分の家賃も掛かりますでかなり勿体無いですよね。。。

 

退去するときはなるべく月末に退去したほうが損はしないという事になります。

 

月末にお部屋探しした場合は月末の退去待ち物件が多く入居中でお部屋が見れないか、その月の月初に空室になってずっと空室の残り物物件しかない感じになります。

月初に探した方が見れるお部屋が沢山あり月末になるにつれて見れるお部屋が少なくなっていきます。

 

これが基本的な毎月の基本的な退去のサイクルになります。

 

退去の際は契約書等を確認しトラブルの無いように注意しましょう。