kazuの毎日ブログ頑張ろう|ネットビジネスや不動産の事

なるべく毎日更新頑張って行こうという意気込みです。コメント頂ければ幸いです。

保証人と保証会社どっちも入らないといけないの?

賃貸で一人暮らしなどしたことある方は知ってると思いますが家を賃貸で借りるときに保証人は基本的に立てないといけないのはご存知だと思います。(大阪の場合)

 

もう一つ別に保証会社(賃貸保証委託契約)と言うものに加入しなければいけません。入らなくて良い物件もありますが95%の物件は入らないといけません。(大阪の場合)

 

保証会社とは、もし借主に債務不履行(家賃の滞納等)があった時に貸主へ家賃を立替払いすると言うものです。

 

保証会社に家賃を立替てもらいずっとほったらかしにすると、すごい怖い人が家にお金を取り立てに来るとか。噂では相当ヤバイそうですので家賃の支払いは気を付けましょう。特に沖縄に本社がある保証会社は。。。

 

保証人だけじゃダメなの?とよく聞かれます。

大阪は夜逃げや家賃滞納が多く保証人を立てて保証会社に加入と基本的(例外あり)にどっちも必須条件でオーナーはガッチリ家賃を回収しようとします。

 

因みに僕は特別に保証人無しで保証会社を加入して現在の賃貸物件に住んでおりますが、保証会社の料金が保証人ありプランの倍の値段がしました。中々の値段します。その時は少し訳ありでした。笑

 

上記みたいな場合や、保証会社無しの保証人必須のパターンもあります。この時は保障会社加入費用が掛からないので結構な金額が節約できます。

 

大阪で賃貸で借りる時がありましたらちょっとした豆知識で覚えて頂ければ幸いです。