読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazuの毎日ブログ頑張ろう|ネットビジネスや不動産の事

なるべく毎日更新頑張って行こうという意気込みです。コメント頂ければ幸いです。

営業マンが嫌がる仕事をしてきました

じゃあなぜ、トップ営業マンの人が何も出来ない僕を

一緒に独立するのに誘ったのか。

 

僕なりの解釈ですが。

 

それは、タイトルにも書いている通り営業マンが嫌がる仕事をしてきました。

 

嫌がる仕事とは何かと言うと、物件の管理の仕事です。

 

管理の仕事って何をするのかと言うと。

クレーム対応、退去立会い、家賃滞納督促など売上に直結しない仕事です。

トラブルなんて日常茶飯事です。

 

なので、お金をガッツリ稼ぎにきている営業マンからしたら、時間の無駄で

売上も付かず、非常にストレスが多い仕事です。

 

元々、僕は不動産の管理会社に就職希望しておりましたが、約10社に

落とされて、諦めて取り合えず営業会社に入社したのが始まりです。

10社ぐらいに落とされたぐらいで諦めるのもしょぼいですが。。。

 

正直、営業会社はやる気があれば就職なんてすごく簡単です。

 

就職が簡単な分、辞める人はすごく多いのも事実です。

びっくりするぐらい辞めていきます。

何でそんなに辞めるのかは『不動産屋さんってなんで入社してすぐに辞める人が多いの?』を読んでください。

 

常に売上に追われ、周りが皆敵で、生き残りが大変です。

 

会社に管理部とかは特に無く、物件の管理は営業マン皆で

やる感じでした。

 

僕は、それを率先して一人で全てやり、他の営業マンが

営業に集中できて、すごく感謝され、僕は人材としても

重宝されてきました。

 

僕も一応営業マンであり営業嫌いではありましたので、

管理の仕事をしてる代わりに、嫌いな営業の仕事を

皆に手伝って貰ってました。

 

会社を辞める時は、すごく引き止められました。

 

上司からも気に入られており、辛い部分もありました。

 

しかし、自分の中で、お金持ちになりたいと言う気持ちが

あり、そこで上司から独立の話があり、冒険に出ようと思いました。

 

僕より良い人材が会社にいっぱいいるのにそんな評価をされてて

嬉しかったです。

 

それから独立のタイミングをずっと見計らって去年の12月31日付け

で2人で退職したのが始まりでした。